▪︎5/7(日)@中野heavysick zero
▪︎5/11(木)@下北沢Que
▪︎5/22(月)@下北沢Laguna
詳細はこちら
ご予約はこちらからどうぞ。

2016年03月11日

サトウトモミ企画『サトウの日vol.3』終わりました!

・全出演バンドに「サトウさん」が在籍している
・BGMも「サトウさん」が在籍しているバンドの曲

という、みっちり『サトウ縛り』のイベント、"サトウの日"。
何もかも素敵な雰囲気の中、
終了しました。
出演して下さった、アシタカラーさん、恋は魔物さん、サトウトモミバンドとしてステージに立って下さった、森山あこさん、tsubakingさん、
下北沢Lagunaのスタッフの方々
そして、春とは思えない凍てつく寒さの中足を運んでくれた皆さん、
本当にありがとうございました!

来年もまた、遊ぼうね♪

終演後みんなと、
"ゆくゆくは出演アーティストをモリモリ増やして、
「サトウフェス」っていうのを作って、
サーキット形式のイベントができたらいいね"
っていう話をしました。

そんなことができたら、ほんとにすごい!!

「これからは、サトウさんにアンテナ張って過ごします!!」
なんてことも言ってもらえたりして、
ココロがホカホカしました。

出演者もお客さまも、みんな、
一つになれた気がしました。
今まで企画したイベントももちろんたのしかったけど、
終わってこんなに幸せで充実した気持ちは初めてかも。
心地よい疲労感。

主催イベントって、
たくさん告知して、
とにかく自分が引っ張ってっていうのを
体中カチコチにして構えていたのだけど、
そうじゃないってことがわかりました。
心をめいっぱいひらいて、
いろんな隙間を残しておいたほうがいいなっと。
そうしたら、その場で湧き上がるエネルギーだとかが、
ちゃんとうまーく混ざり合うんだな、きっと。
私の勝手な思い込みかもしれないけど(笑)
思い込み、大事!

さてー!
次のLIVEは、
吉祥寺スターパインズカフェです。
Peach sugar snowさんの企画イベント!
かわいいアイドルの女の子たちと!
実は、私、
Peach sugar snowさんの「電子記号少女」という曲に、
アレンジャーとして参加していまして。
当日は私もその曲を一緒に歌います♪

3/27(日)@吉祥寺スターパインズカフェ
▪︎出演 サトウトモミ/Peach sugar snow/ちょこみるく
▪︎開場/開演 11:30/12:00
▪︎前売/当日 3000円 (+1D) / 3500円 (+1D)
※サトウトモミは12:30〜

お待ちしてます!

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg


posted by satotomomi at 22:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

日々のこと。

4月から、
仕事を変えます。
東京に来てからの6年間、
今働いてるところに
ずーっとお世話になってました。
のたれ死なないように働きつつ、
1番やりたい音楽活動を。
上京したての頃、
東京に来たのにOLしなきゃいけないなんて!
って思ったりしたけど、
これはこれでとてもよかったなって思います。
私の周りでは「普通」なことが、
別の社会では「普通」ではないことが分かったから。
世の中と、自分の感覚のズレっていうのが結構あって、
音楽に特化してアンテナを張ってるがゆえの"常識"が、
実は違っていたり。
頭の中、心の中が偏ってしまうことが1番怖いから、
これからも、ひろーい視野を持って生きていこうと思います。
ラッキーなことに、
私はいろんなことに、興味を持ちやすい。
飽きるのも早いけど(笑)
少しずつ、いろんな種類のものを食べていこうっと。

ちょいちょい、野望があります。
歌詞を書く仕事をしたかったり、
曲を提供する仕事をしたかったり。
ゆっくりと、静かに始めています。
あまり言葉にすると薄っぺらくなってしまいそうなので、
心の中に留めつつ。

まずは、静観。



posted by satotomomi at 09:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

サトウの日限定音源「サトウさんのうた〜goodbye melancholy〜」完成。

職場で、
隣の席にいるナイスガイが、学生の頃アカペラサークルに入っていたというので、
興味津々、いろいろ聞いてみた。
ゴスペラーズに憧れて、アカペラを始めたのだと。
ゴスペラーズ。
そういえばすごい名前だなと。
斬新。わかりやすい。
ラップする人たちが数人で
「ラッパーズ」っていうバンド名を付けて活動するような感じでしょ?
いや、すごい。

『サトウさんのうた〜goodbye melancholy〜』という音源を作りました。
サトウの日vol.3にて発売します。
2曲入り500円。
諸事情によりLIVEでできない曲も、
ちゃっかり入れてみました。
ハナモゲラでふにゃふにゃ歌っております。
ぜひ♪

サトウの日vol.3、
必ずや楽しい楽しい夜にいたします。
アシタカラーさんはなんだかキラキラしていて、
永遠に青春が続いていきそうな気分になれるし、
恋は魔物さんは、かわいい歌声から発せられる力強いメッセージにメタメタになるし、
サトウトモミバンドは、初披露だし。

みなさんのご来場をココロよりお待ちしております。

3/10(木)@下北沢Laguna
サトウトモミ企画『サトウの日vol.3』
▪︎出演 サトウトモミ/恋は魔物/アシタカラー/サトウトモミバンド
▪︎開場/開演 18:30/19:00
▪︎前売/当日 2300円/2800円

image.jpeg
posted by satotomomi at 18:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

いろいろ作ってます。

缶バッヂ完成しました。

310バッヂとnohaバッヂ。
nohaは、この前アップした新曲「脳波」にかこつけまして。
2個で300円です。
ぜひ♪

サトウの日vol.3まで、あと4日!
いつもだけど、
どんなに早くからイベントの準備をしていても、
直前で、あれしようこれしようって思いつく。
昨日も、1個思いついちゃって、
今日は黙々とその作業をします。
でも、こういうのが楽しいのです。
自分の企画イベントだから、
何でもできる。
無事出来上がったらおしらせします。

3月10日、木曜日。
どうしてもこの日にやらなきゃ意味がないイベント。
もう、私の頭の中は、
サトウの日一色。
18:30開場、19:00開演です。
チケットは前売2300円、当日2800円。
<<当日のタイムテーブル>>
19:10〜アシタカラー
19:50〜恋は魔物
20:30〜サトウトモミ
21:25〜サトウトモミバンド

ご予約はこちら→http://my.formman.com/form/pc/2xfUHR1dsBZYmJUi/

お待ちしております!

image.jpeg

image.jpeg
posted by satotomomi at 10:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

お母さん、早く帰ってこないかなぁ。

小学3年生の時、
熊本県の作文コンクールで入賞した。
タイトルは「お母さん、早く帰ってこないかなぁ。」
我ながら素晴らしい題名!
専業主婦の母が、PTAの会長だか副会長だかになって、
夜の打合せがあるからって、
弟と2人きりでお留守番をしなくちゃいけなかったときの心境を
ツラツラと書いたもの。
その日、父も仕事で夜遅くて、
9歳と5歳のちびっ子2人だけの時間がやってきてしまった。

普段、夜いるはずの母がいないのが
寂しくて寂しくて、
でも、お姉ちゃんとしてしっかりせないかんという責任感もあって緊張しっぱなし。
たった2、3時間の内に、
ものすごい大人になった気になった。
だけど結局、母の顔を見た瞬間に
涙がポロリと。
なんて甘えん坊なんだ。

当時、「」から始める作文に凝っていて、
よく会話からスタートする文章を書いてた。
タイトルも、
その時の心の中の言葉を使うことが多かった。
何かを「書く」というのは、
昔から好きです。
下手の横好きだけれど(笑)

そういえば、
あの日の夜ご飯は、
前日の残りのすき焼きをご飯の上にどさっとぶっかけて、卵を落とすっていう、
母考案の「すき焼き丼」だった。
素直に作文中に「昨日の残りの」っていうのを書いたら
「ちょっと!やめてよ!恥ずかしい!」
と母に笑って注意されたのを思い出した。
でも、私は、
その「残りのすき焼き」っていうところがいいんだ!と母の意見を無視し、
そのまま提出した。

私の作文が入賞したのは、
きっと、この、
残り物のすき焼きのおかげに違いない!

image.jpeg
大人になった、OL中の私。
posted by satotomomi at 09:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

真面目。

昨日、荷物を届けてくれた
郵便局のおにいさん。
とても真面目な人だった。
帰り際、帽子のツバをチョコンと握り、
ありがとうございました!!
って、深くお辞儀して帰ってった。
最近やってるCM通りだ。
すごい。

花粉のせいなのか、景色にモヤがかかってる。
なんか黄色い。
花粉の粒子が粘膜をえいえいって攻撃してるのを想像すると、
かわいくもあり、恐ろしくもあります。
小さな槍みたいなのを、
「今しかない!」と言わんばかりに毎年、
きっちりと同じ時期に精一杯振りかざして、
自分の体の何倍もの大きさの人間とかの体をチクチクと刺す。
ちっちゃいのがでっかいのに立ち向かう姿に、
思わず「がんばれ!」と声をかけそうになるけど、
そういう優しさをちょっとでも見せると、
あっけなくやられてしまうから
やっぱりがんばんなくていい。
静かに眠っていてほしい。

みんな真面目だ。


posted by satotomomi at 08:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

日々のこと。

今日は電車に乗っているとき、
イヤホンをしていませんでした。
そうすると、
必然的に周りの会話が聞こえてくるわけでして。
暇だったんで、
心の中で、その会話に手当たり次第
相槌を打ってみたら、とても面白かった。
新しい遊びが生まれた。
あーわかるわかるー、とか、そうよねー、とか、えーうそー、とか。

食べると鼻がスースーする飴を買った。
すごいー!!
ほんとにスースーってなる!
マスクしてたから
凝縮されたスースー成分が目にキテ
涙でたけど!
今年は時々、お世話になろうっと。

日が伸びてくれたおかげで、
仕事が終わる時間でも、
まだほんのり明るい。
白い雲の形がぼんやり分かるくらい。
うれしいなあ。


posted by satotomomi at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

サトウトモミバンドのリハ。

吉祥寺にて。
サトウの日vol.3前、最後のリハ!
とってもいい感じです。
夢だったバンド編成でのLIVE。
打込み一切なし。
同期に頼らずにやると
曲のいろんな部分がむき出しになって、
穴が空いて、
そこをツバキングさんのドラムとあっこさんのピアノが埋めてくれるっていう感じで
カタチにしてみました。
客観的に聞くことができて、
「あー、なんていい曲たちなんだ」と、
改めて思えました。
自分で言ってしまったけど(笑)
いいんです。
自分で最高だと思うから歌っているのです。

リハ終わってトボトボ帰ったのだけど、
楽しいことがあった後にポツンと1人になるのって、
なんだか寂しいよね。

でも昨日書いたように、
ひとりの時間も大好きだから、
今はのんびり抹茶を飲みながら
サトウの日に起こるであろう
ステキなアレコレを妄想している次第です。

image.jpeg
リハ直後。

image.jpeg
花粉と寒さに耐えながらの帰り道。

posted by satotomomi at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

テレビ

元々テレビ大好きだったんだけど、
どういうわけか、今年に入って、
テレビのチカチカ明るい感じだとか、
音だとかがほんとーにイヤになっちゃって、
気持ち悪くなるくらいイヤになっちゃって、
見てない。
「ブラタモリ」以外、見てない。

ブラタモリは、落ち着いてのんびり見ることができます。
タモリさんも桑子アナウンサーも好きだし、
草gくんの、のっぺりとした(褒め言葉です)、
ホールケーキの上にこんもりと塗った生クリームのような声も好き。
この前のブラタモリのロケ地は沖縄だった。
琉球。
泡盛の製造元も撮影されていて、
ものすごく美味しそうだった。
3年前くらいに、
下北沢の「NeverLand」という沖縄料理屋さんで
「コーヒー泡盛」というものを散々飲んで、
千鳥足で帰ったのを思いだした。
次行った時は、
コーヒー抜きの泡盛を頼んでみよう。
ジーマミー豆腐とか食べながら。

イベント終わったら、
打上げだな。
ひとり酒。

誰かといるのもイイけど、
ひとりもとても好き。







posted by satotomomi at 22:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

日曜日の朝に。

たまに、貪るように
吹奏楽の動画を見たりするんですが、
高校3年の時にコンクールで演奏した
「海の男達の歌」という曲は、
何度聞いても鳥肌が立ちます。


1曲の中で、
朝日に向かって無事を祈り、
いざ出発!っていう様子、
荒々しい海の中立ち向かう男たち、
船を取り囲むクジラ、
どこまでも静かで不気味な海底、
夜の間のしばしの休息、
そしてまた朝が来て、
帆を揚げるっていう物語が見えて、
映画を見終わったときみたいな感覚になります。

クジラの声は、
ティンパニーをスーパーボールで擦るってやり方で鳴らしてたなあ。
打楽器パートの人が。
途中のユーフォニュームのソロで静かな夜の始まり。
その後の、男たちを癒すようなオーボエの美しすぎる旋律。

うーん。好きだなあ。

って、実際にコンクールのときは
こんなこと全然考えてなかった。
ただただ必死。
だからほんとのこと言うと、
中学高校の部活、あんまり楽しくなかったの。
楽しみ方を分かってなかった。
も少し力をぬいてご覧?って、
当時の私に言ってあげたいです。
音楽は、心を豊かにするものなんだよ、と。

むっつりとした表情の指揮者の方が
たまーに、にっこり微笑むことがあって
(多分、音が心地よくて)、
それがまた、萌え。

posted by satotomomi at 11:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

天使が吹いてるラッパ

あれって、「災厄を呼び起こす」ものなんですね。
知らなかった。
逆かと思ってた。
賢くなった。

なんか急に気になっちゃって調べたのです。
ちょっと歌詞書くのに、
そういう雰囲気のものが必要だなと思ったんで調べたのだけど。
あーびっくりした。
ロマンチックな話だと思ってたのに。

缶バッヂを作ることにしました。
そして、デザインを入稿しました。
もちろん、サトウの日vol.3の日に発売開始です。

さて。
お風呂に入って、今日はもう夢の中へ行ってきます。
この前もらった柚子を浮かべよーっと。

posted by satotomomi at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

思い出と、あと、いろいろ。

小学2年生の時、
初めてフェリーに乗った。
船の上から身を乗り出して見た、
港の景色、
歯の字で続く波、
顔に飛んでくる水しぶき、
朝の清々しい空気、
魚の群れ、
初めて間近で見たカモメ。

随分と昔のことなのに、
一個一個丁寧に覚えていて、
特に、
フェリーが作る波の道を思い出すと、
頭の中が子供に戻ってしまう。
その時の、純粋なうれしいわくわくちょっとこわいっていうのを感じて、
切なくなったり、うっとりしたり。

子供の頃の旅の思い出って、
いつまでもこうやって残るんだなあ。

そういえばフェリーのデッキで、
弟と一緒に「はたらくくるま」を大声で歌ったような。
なぜだ。

昨日、soundcloudに新曲をアップしました。
聞いて下さったみなさん、
ありがとうございます。
これからLIVEでやっていって、
どんどん曲を育てていこうと思います。
今までやった曲も、
LIVEで大人になっていった。
すごいな。
私だけの力ではなく、
みなさんのエネルギーがちゃんと加わってる。
ありがとう。

真剣に、
ラッパーの方とコラボレーションしたいなと考えてます。
私、打込み作るので。
どなたか、ラッパーの方、
近い将来、サトウトモミとコラボレーションしませんか?
こちらまで→satotomomi3@gmail.com


posted by satotomomi at 21:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

新曲「脳波」。

https://soundcloud.com/satotomomi/noha

作詞/作曲/編曲:サトウトモミ

あなたの脳波が紡ぐのは光
彗星の軌道も揺るがす炎

街を彷徨った
クラゲみたいに
ゆら、ゆら
人にぶつかって
あったかいなって思う

虚ろな目で見た景色は
やけになぜかサイケデリック
狭い視界の先にある
「愛」とかいうキセキ

あなたの脳波が紡ぐのは光
連れてって今夜
眠らずにゆくよ
あなたの脳波が紡ぐのは光
彗星の軌道も揺るがす炎

今でも胸の中
感じてる呼吸
一瞬の魔法で
甘い果実のように

雪山のてっぺんが
ほら、ひとつ、ふたつ
灯ってゆく
灰色模様が
ゆっくり混ざって
淡く香る

あなたの脳波が紡ぐのは光
連れてって今夜
迷わずにゆくよ
あなたの脳波が紡ぐのは光
彗星の軌道も揺るがす炎

長い下り坂が終わって
思い出したのは
幼いイメージ

あなたの脳波が紡ぐのは光
連れてって今夜
眠らずにゆくよ
あなたの脳波が紡ぐのは光
彗星の軌道も揺るがす炎

街を彷徨った
クラゲみたいに
ゆら、ゆら
人にぶつかって
あったかいなって思う

今でも胸の中
感じてる呼吸
一瞬の魔法で
甘い果実のように
posted by satotomomi at 23:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついに、美容院へ。

いってきました。
前回、マッシュルームあたまにした時から数えて2回目のとこ。
下北沢の美容室。
担当してくれてるのは、
オレンジだかピンクだかの色をしていて、
かわいいパーマのかかった髪型の、
真面目な女の美容師さん。
目にかかって気持ち悪かった前髪もジョキジョキ切ってもらい、
すっきりしました。
はあー!!!

何日か前に書いたけど、
美容師さんにとっても私の髪の伸びる速さは尋常じゃないらしく、
「え!うそ!こんなに伸びたんですか!え!」
と、目をまん丸くして、
私の髪を何度もブラッシングしてました(笑)
その様子がおかしくておかしくて。

今週月曜日。
なんだか先週のように、うまく髪をセットできなくて。
どうやっても、まん丸の形にならない。
金曜日までは、たしかにちゃんとできてた。
土日で何が起こったんだろうか。
実は月曜日に会社に行くと、
何人もの人に、
「急激に髪が伸びた」と指摘された。
で、先週1週間の行動を振り返ったとき、
一つの手がかりが。
海藻をたくさん食べた。
わかめと昆布を。
わかめごはん、わかめスープ、わかめと春雨のサラダ、大根と昆布の煮物。
海藻って髪伸びるんだっけ?
増えるんだっけ?
黒くなるんだっけ?
都市伝説かと思ってた。

やー、びっくりした。
posted by satotomomi at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

幸せだと思うこと。

仕事から帰ってきてまずやることは、
掃除。
疲れてても、ついやってしまう。
というより、
掃除すると、疲れが吹っ飛ぶ。

冬は特に埃が溜まりやすいから、
掃除機でウィーンとやって、
雑巾でゴシゴシ、と。
クイックルワイパーでやりゃ
すぐ終わると思うんだけど、
なんかね。
ササーっとやるのと、
ちゃんと力を入れてゴシゴシするのとでは、
終わったあとの爽快感が全然違う。(と思う)
夜は夜でやりたいことたくさんあるから、
そんなに隅々までってわけにはいかないけど、
掃除した後は、
部屋のトーンがとっても明るくなる。
床を拭き終わって雑巾を洗いながら
ぼーっと部屋を見渡すと、
本当にキラキラして見える。
「よし、完了!」っていう気持ちも重なってそう見えるのかもしれないけど、
非常に清々しい。

仕上げに、
白檀だとか、沈香だとかのお香をセット。
この上ない幸せ。

こういう雰囲気の中で、
曲作ったり、本読んだり、ご飯作ったり、うたた寝したりしていたい。

いつも。

image.jpeg
スーパーで見っけた胡麻豆腐。
こんなちびっこいのに1個200円。
でも、食べたかったから震えながら購入。
まだ食べてない。

image.jpeg
職場の上司のお庭の木になったという柚子。
たまらなくいい香り。
posted by satotomomi at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

日々のこと。

「あーあー、夢が夢ならそれでもかーまーわーないー」

小沢健二さんの「夢が夢なら」、
ほんとに大好きだ。
歌詞読んでると、涙が出てくる。
美しくて。

話は変わりますが、
髪が伸びるのが超早くて、
もう、切りたての頃のような
まん丸いシルエットはどこへやらという感じです。
行かなきゃ、美容室。

そう、美容室。
行く時期をいつも迷う。
先ほど書いたように、
伸びるのが光の速さなもので
切る時期を間違うと、
LIVEの時にボサボサ状態で出ることになってしまう。
ちょうどいい具合になるように、調整。

去年の「わたしのタッチが効かないの」の時、
ご飯作りに一生懸命になりすぎていて
当日、鏡の前でぎょっとしました。
髪の毛大爆発。
夢かと思った。
っというわけで、
浴衣にベレー帽を被っていたわけです。
ま、あれはあれで、
我ながらなかなか合ってた気が。
ふふふ。

ちゃんとせないかんね(°ω°)
女子ですからね(°ω°)




posted by satotomomi at 23:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

日々のこと。

2月20日、土曜日、
東京は雨降りです。
よく降ってます。
積もった花粉と埃を、
一気に全部洗い流してくれることでしょう。
頼んだよ、雨。

5年くらい前のこと。
友達のカフェに、
今日みたいな土砂降りの日にお茶を飲みにゆきました。
お茶っていうか、グレープフルーツジュース。
季節は春。
「あーあ、雨はやだな。気分が上がらない。あー、やだやだ。めんどくさい。」
と働く友達にブツブツ文句を言っていたら、
すごく素敵な答えが返ってきました。

「雨の日は花の水やりをサボれるから、好き」

意外な言葉すぎて、息が止まりそうになった。
なんて優しいんだ、この人は。
なんてかわいいんだ、この人は。
こんな風に考えたことなかった。
なるほど。
こうやって、嫌な気配が近づいたときは、
思い切って、自分の都合で空気を変えちゃえばいいんだ。
心底、感心した。

「類は友を呼ぶ」って言うけど、
私もその友達の「類」なのかな。
だったらいいなあ。

image.jpeg
雨降りなのに、花粉多めとは何事か。
posted by satotomomi at 21:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

日々のこと。

なんか、このタイトルばかりになりそうだな。

物語りを読んでいて、
残りのページが少なくなっていくと
ものすごく寂しくなる。
もっと読んでいたいのに、
あー、もうこの登場人物には会えないんだなあと、切なくなる。
も一度読めば会えるけど、
初めて読むのとは、また違うし。
先を読みたいのに、うー、寂しいっていう、
よく分からない状態になるので、
元々読むスピード遅いのに、
更におそーーーーーくなります。
ご飯をよーーーーーーく噛んで味わうみたいに。

そういえば、「速読」って
少し前に流行ったような気がする。
今もなのかね?
昔は、いーなーとか思ってたけど、
今は全然思わなくなりました。
読んでる間の自分の心の動きだとかをしっかり確認するには、
ゆっくり落ち着いて読んでいたいなぁと。

瞬間の感情よ!
私の血となり、肉となれ!

あんまりブログ書いてると
「サトウトモミ新聞」に書くことがなくなるかしら?
いや、あの新聞は、
その時の思いつきをツラツラ書いてるから、
一生なくならないでしょう。
posted by satotomomi at 21:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

日々。

私んちの構造は、
なんだかすごくヘンテコで、
網戸が内側に付いてたり、
壁に意味のない木の枠があったり、
古い給湯器が大声で喋ったりして、
気分が落ち込んでる時に
そんなのが視界に入ったり耳に入ったりすると、
ものすごくヤダなと思うことがあります。
イライラを募らせる。
でも、洗濯物を干す時にベランダから真っ白な富士山を拝んだり、
洗濯物を取り込む時に真上にぽっかり浮かぶお月さまを見てうっとりしていると、
ま、いっかってなる。
日々の中に、そういう小さな宝物が落っこちてるから、
それをうっかり見逃さないように
ゆらゆらしながら生きていきたいです。

私は母譲りの、
ほんのり潔癖症な性格の持ち主なので、
できれば、ピカピカした、
いい匂いで、日当たり抜群の
新しい家に住みたい。
でも、そういうお家にはいつでも住めるし、
何年か後には、そういうお家に引っ越しそうだなとも思ってる。
もちろん富士山と月は譲れない。
そういうとこが落ち着くから、
きっとそう、なる。
だから、今のものすごくヘンテコな雰囲気を十分に味わっておく!
その方が将来的に、いいんだ、多分。
経験として。

昨日、ふらふらと散歩してたら、
思いがけず、梅の花が咲き乱れる公園に辿り着きました。
梅の花の種類ってたくさん。
そして、名前がとてもロマンチック。
「実の月影」とか「呉服枝垂れ」とかね。
元々梅の花の好きだけど、
ますます好きになりました*

サトウの日vol.3でみなさんにお渡しする、
「デコ砂糖」作りも、いよいよ佳境です。

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg
posted by satotomomi at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

ついに、ブリッジ。

12月から歯医者に通い始めて、
今年に入って、レッツセカンドオピニオンを経て、
昨日、ついに、白いセラミックの歯が入りました。
永久歯が生えてこなかった、奥歯。
おー、こんなかんじなのね。
仮歯を付けて思ったのだけど、
頭痛と肩凝りが消えたような。
ただ、歯が入ったことへの高揚感が
そう思わせてるだけかしら。
どっちでもいいや。
とにかく、うれしい。

通ってる歯医者さん。
寝た状態でテレビが見られるのだけど、
ちょうど17:30〜の予約だったこともあって、
番組は「笑点」。
やったね、と思いながら、
目に被せられたタオルの隙間を縫って
チラチラ見ていました。
すると、「はーい、口開けてくださーい。風を送りますねー」
と言われたんで、ポッカリ口を開けると。

「チャンチャカチャカチャカ、チャンチャン♪(パフ)

笑点のあの陽気なテーマソングの「パフ」と同時に、
私の口の中に風が送り込まれたのでした。

偶然の賜物。


…よね?先生?

posted by satotomomi at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする