▪︎5/7(日)@中野heavysick zero
▪︎5/11(木)@下北沢Que
▪︎5/22(月)@下北沢Laguna
詳細はこちら
ご予約はこちらからどうぞ。

2016年07月17日

2016年7月16日、サトウトモミ「サマータイム」レコ発LIVE!おわり!@

※長くなっちゃいそうなので、2日に分けますね♩

終わりました*
足を運んで下さったみなさん、
遠くから応援して下さったみなさん、
ゲスト出演してくださった
柳家小春さん、ヒカシュー坂出雅海さん、
ステキなDJで会場を盛り上げてくださった
Mr.tsubakingさん、
そして渋谷HOMEのスタッフのみなさん、
本当にありがとうございました!!

ミニアルバム「サマータイム」、
たくさんの方の元へ巣立っていってくれて
胸いっぱいです。
収録曲「サマータイム」のみ、iTunesでダウンロード可能ですのでぜひ♩
CD自体は、
LIVE会場、サトウトモミONLINE SHOPにてご購入可能です♪
http://satotomomi.thebase.in/

前回のリリースからあっという間に4年経って、
その4年の間に楽しいこと、楽しくないこと、
いろんな経験してきたけど、
どれもこれも私の血となり肉となり、
今、こうして音楽を作ることができています。
「楽しくない」って、一見ムシャクシャするようなことだって、
今思えば役に立っていることばかりです。
本当に、面白いくらい、全部!

音楽は、自分の中の宇宙から脱出して「がんばるもの」ではなく、
もっと力の抜けたもの。
私だけの世界で感じられる「良い加減」のもの。
聞いて下さる方にとっても、
作り手にとっても。

一時期、
がんばらなきゃ、がんばらなきゃ!
もっと!もっと!!!
っていう想いが強くて、
ちょっとだけきつかった時がありました。
とにかく自分じゃないものになってみようかな、とか。
で、そうやってたら、
「あれって、本当にサトウトモミさんなんですか?」って聞かれたりして、
「あ、バレてる。音楽はウソつかないなぁ、すごいなぁ」と改めて思いました(笑)
だからって自分を責めることもなく、
試行錯誤していろいろやってた頃の自分も「よーしよーし、よくやった!」って
甘やかしてあげようとも思ってます。
去年の年末あたりから、
なんとなーくそんなことを思い始めまして。
で、年明け一発目のLIVE終わった直後に
「なんかいつもと違った!」って声かけて下さったりしたので、
「あーもー、私、正直に生きよう」って確信しました。

というか、そういう、微妙な変化に気づくみなさんは、
とてつもなくすごい感覚の持ち主なんだと思います。
やー。脱帽。

話が逸れに逸れましたが(笑)、
とにかく、今、自分サイズのメロディが出てきたり、
歌詞を書けたりしているので、
この、今のタイミングでリリースできて
ほんとによかったなとココロから思っています*

この勢いに乗って!!
10月、11月、
つるうちはな社長率いる「花とポップス」より
2ヶ月連続でリリースします!!
わー!!
今回は全国流通版です。
収録曲も決まっています♪
10月分には、熊本時代に作って
唯一、長く演奏している曲「ヘッドホンから流れてった」
を入れます。
アレンジを結構変えまして、
新鮮な気持ちでミックスし直してます。
今週末から早速レコーディングです♪

ワクワクは続きます*

LIVEのことは、次のブログにて☆
写真だけ先にアップ!!

CneIFUbVUAIaNoZ.jpg-large.jpg
とってもきれいなお花をありがとうございました!

IMG_0173.JPG

IMG_0177.JPG

IMG_0178.JPG
「サマータイム」マスタリングエンジニアの坂出雅海さん(ヒカシュー)とツインベースコラボ!
曲は「アイロニー」。
私、楽しすぎて飛んでます笑
IMG_0176.JPG
終演後、坂出さん、DJ Mr.tsubakingさん、帯にコメントを寄せて下さったchihoさん、ポストカードをデザインしてくださったマロンさん、HOMEのmaymayさんと。
はあ、幸せでした。
IMG_0174.JPG
マロンさん作オブジェ「永遠のサマータイム」!!!
なんてきれいなんだろう。
posted by satotomomi at 15:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミニアルバムリリースおめでとうございます。
屹度、アーティストの誰もがぶつかる壁にトモミさんもぶつかってこられたんだな。それで、唄うことを断念されてしまう不倖なケースも多い中、自分らしさの表現という音楽に気付かれ、「音楽やるのが常態」という境地に達されたのかな。
気付くのが遅すぎたと臍を噛んでいましたが、実は一番いい時期に私はファンになったのかもしれませんね。
Posted by 草場 洋 at 2016年07月17日 17:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック